ピロリ菌がいたら・・・(2)

 

こんにちは。院長の前田です。

前回の続編で、除菌治療の流れについてご紹介します。

 

胃がんリスク検診などでピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)感染が疑われた場合、内視鏡検査(胃カメラ)で「慢性胃炎」であることを確認してから、除菌治療をおこなうことが保険診療で認められています。

 

ピロリ菌の除菌治療により、胃がんの発症リスクを約1/3に抑えることができ、これこそがピロリ除菌治療の最大の目的といえます。

 

通常、2種類の抗生物質と胃酸の分泌を抑える薬を組み合わせて、1週間の内服治療をおこないます。

除菌の成功率は、70~80%程度です。一昔前と比べて抗生物質耐性のピロリ菌の割合が増えて、除菌に失敗する方が4−5人に1人程度います。

きちんとピロリ菌が除菌できたかどうか、服薬終了後6週間くらい経ってから呼気試験(または便の検査)で判定することが大切です。

もし、1回目の除菌治療でピロリ菌が残っていた場合には、抗生物質の組み合わせを変えた二次除菌治療が可能です。二次除菌治療も保険の適応があり、成功率は90%程度です。

日本人の場合、乳幼児期の感染がほとんどですので、除菌治療成功後に再感染する割合はかなり稀です。

 

除菌治療後に、胃の調子がよくなる方も多く、「胃の病気とおさらば・・」と言いたいところですが、胃がんの危険性がゼロになったわけではありません。除菌治療後でも、胃粘膜の萎縮・腸上皮化生という“老化変化”が残っていると「早期胃がん」が見つかる場合があるので、年1回の定期的な内視鏡検査を続けていくことが大切です。

 

ピロリ菌・・除菌後も油断禁物ですね。

 

「笑点」観ていますか?

おはようございます。院長の前田です。

日曜日の楽しみの一つが、人気長寿TV番組「笑点」の大喜利を観ることです。
これを観ながらの食事はリラックスできて美味しさ倍増です。
個性豊かな噺家の皆さんが繰り出す軽妙なトークに大笑い。
「笑い」によってNK細胞という免疫機能が活性化し、幸せ物質セロトニンやエンドルフィンが分泌されます。
糖尿病、認知症、アレルギーの治療効果もあります。
「病は気から」と言いますが、心や気持ちが体に与える影響がいかに大きいかということでしょう。
笑う門には・・健康ありですね。





ピロリ菌がいたら…

こんにちは。院長の前田です。
いつも週末はジョギングをして気分爽快…なのですが、今日は雨なのでお休みです。
先日、大阪で開かれたヘリコバクター学会の教育講演会に参加してきました。
この20年余りで除菌治療薬に耐性を持ったピロリ菌の割合が30%近くに高まり、除菌に失敗する例が増えています。
治療も少しずつ進化しています。小児でも中学生以降での診断が適切とされます(尿や便でスクリーニングします)。
ピロリ菌について、いつでもご相談ください。

診療内容をわかりやすく解説するブログをはじめます

20164月に、宝塚市中筋に開院いたしました、
消化器内科、総合内科のけいしん内科クリニックです。

こちらのブログでは、当院で行っている胃カメラや大腸カメラ、
高濃度ビタミンC点滴療法をはじめとする、各種点滴療法について、
患者さまからいただく質問を中心に、
わかりやすくご案内していきたいと思っています。

ギャラリー