こんにちは。院長の前田です。
いつも週末はジョギングをして気分爽快…なのですが、今日は雨なのでお休みです。
先日、大阪で開かれたヘリコバクター学会の教育講演会に参加してきました。
この20年余りで除菌治療薬に耐性を持ったピロリ菌の割合が30%近くに高まり、除菌に失敗する例が増えています。
治療も少しずつ進化しています。小児でも中学生以降での診断が適切とされます(尿や便でスクリーニングします)。
ピロリ菌について、いつでもご相談ください。