こんにちは。

今回は大腸がんについてお話します。


便は大腸の健康状態を反映します。
便に血がつくことがありますか?
おなかの張りや便秘が気になりませんか?

血便や便通の異常がある時、大腸がん検診や人間ドックの検便検査でひっかかった場合だけでなく、40歳を過ぎたら、一度は大腸カメラ(内視鏡)の検査を受けることをお勧めします。
食生活の欧米化から日本人の大腸がんは増加傾向にあり、がんの死因で大腸がんは女性の第一位、男性の第三位となっています。
大腸カメラの検査を受けることは、大腸がんの早期発見につながり、根治が可能になります。
幸い、大腸がんでなかった場合でも、「大腸ポリープ」が見つかることがしばしばあります。大腸がんの大半が、腺腫(せんしゅ)という大腸ポリープを経て徐々に大きくなり、がんに進展したものです。
大腸ポリープが見つかった場合、内視鏡手術で切除することにより、大腸がんによる死亡リスクを大幅に下げることができます。

ご自身の便をチェックする習慣も大切ですね。


宝塚市中筋 けいしん内科クリニック